バイアグラの通販!ED治療

ED治療

ED治療とは、男性の性機能障害の改善を目的とした治療法のことです。
EDとは『Erectile Dysfunction』の略で、日本では勃起機能障害・勃起障害とも呼ばれており、『インポテンツ』に代わる呼称として認識されています。症状としては勃起不全(陰茎が勃起できない状態、または十分な勃起が維持できないため、満足に性交できない状態)のことを指します。

また、「たまに勃起しないことがある」、「勃起できるか不安になる」などご本人が勃起に満足を感じられない場合も中程度のED(勃起不全)であり、十分に治療対象の症状と言えます。

EDは加齢とともに増加する傾向にあり、40歳以上の男性に関して言えば、60%以上の人がED(勃起不全)の悩みを抱えているといわれています。また近年の食生活の変化、ストレス過多の社会環境により、その割合は増加し、20代・30代の若年層にもEDに悩む人が増加しているといわれております。

日本のED治療

日本のED患者は全国で1000万人以上。さらにその患者数も年々増加する傾向が見られ、もはやEDは他人事ではなく、いつ自分自身に降りかかってもおかしくないものだと認識すべきでしょう。

バイアグラは世界で最初のED治療薬として、日本でも1999年に正式に認可されました。
それまでの日本のED治療は、漢方薬や注射等の治療を中心に行われておりましたが、その効果はあまり良いものではなく、またデリケートな問題でもあるため、あまり一般には浸透しておりませんでしたが、バイアグラの認可以降、ED治療にも注目が集まり、その治療効果も飛躍的に進歩し、バイアグラなどの投薬治療を中心に生活習慣の見直し、カウンセリングなど幅広いED治療がおこなわれるようになりました。現在では、バイアグラのほかにレビトラやシリアスといった第2、第3のED治療薬も開発、認可され、ED患者の80%以上に勃起改善の効果が見られるようになりました。

しかしながら、日本では、ED治療は健康保険の適用が認められていないため、治療にかかる診療費や薬代はすべて自己負担となってしまいます。そのため、いざ治療を開始すると、高額な診察費などにより、経済的な負担が大きくなってしまいます。

そこで、『バイアグラ情報局』では、通院する手間もかからず、経済的にも大変お得な通販(個人輸入代行)により、ED治療薬を入手し、しっかりED治療に取り組むことをお勧めします。

病院治療と通販治療のメリット・デメリット

バイアグラやレビトラ、シリアスなどのED治療薬は医薬品であるため、日本で入手する場合は、病院に通い医師の診察を受け処方してもらう必要があります。その場合、 健康保険は適用されず、自由診療となるため治療にかかる診療費や薬代はすべて自己負担となり、経済的負担も大きくなってしまいます。海外通販(個人輸入代行)サイトを利用することで手軽に購入することができますが使用については自己責任となるため、まずは病院で診察を受けてからの使用をお薦めします。


■病院治療によるメリット・デメリット
メリット ・医師の診断のもと治療するので安心
デメリット ・費用が高い
・専門の病院が少ない。
・通院が大変。
・デリケートな問題の為、通院するのが恥ずかしい。



■通販(個人輸入代行)によるメリット・デメリット
メリット ・費用が安い
・自宅(ネット)で簡単に入手できる。
・通院の手間がかからない
・他人に知られずに治療に専念できる。
デメリット ・自己責任による治療
・副作用が出た時不安